精神医学 うつ病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数347
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    精神医学うつ病自殺

    代表キーワード

    精神医学うつ病

    資料紹介

    うつ病患者と自殺について考察し、適切な接し方について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     うつ病患者と自殺について考察し、適切な接し方について述べよ
    厚生労働省の調査によると、1990年で16万2千人だったうつ病の外来患者数は、2005年で53万2千人に及ぶ。これを見ても、うつ病は決して珍しい病気ではなくなっている。うつ病はその病名が示すようにうつ状態を中心症状とする病気である。従来は、その原因によって分類する方法が一般的であった。しかし、実際には原因そのものがわかっていないこともあり、臨床的には原因によってうつ病が明確に分類されることはあまり多くない。最近では症状が比較的軽いうつ病が増えていることもあり、症状の程度と持続期間によって重症である「大うつ病」と「軽症うつ病」という分類が行なわれるようになっている。ただ、軽症だから問題が軽いというわけではない。
    うつ病の経過には一般的に前駆期、極期、回復期の3段階があり、また、再発を繰り返すうつ病の場合には病期と次の病期の間にある中間期を含めた4段階が1つのサイクルと考えられている。この中でも、うつ状態が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら自助に回復していく「回復期」に自殺者が多いことが知られている。好調時に勝手に薬の服用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。