佛教大学 理科概論 評価Aレポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,102
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 理科概論の評価Aのレポートです。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『生物は環境の変化の中で常に適応しながら生きているが、ある条件下では生物の数は増加したり減少したりする事について述べよ』
     生物は親から子へ遺伝子DNAとともに受け継がれていくが、その間周囲を取り巻いている様々な条件に支配され、その環境に適応したものだけが生き残る。生態系では生物は互いに関係しあって生きているが、生物が環境に働きかけて環境を変えることを環境形成作用といい、逆に環境が生物に与える影響を環境反作用という。生物と環境は常に作用と反作用を繰り返しているのである。
     先ほど「適応」という言葉を使ったが、ここで適応とは何かについて考えてみる。生物は生活するための様々な環境要因の一定の限度内で生存しているが、この限度を超えたとき生物体の構造や機能を変えることにより環境の変化に対応することがある。このように生物が本来の姿、性質に基づきながら、その環境に調和して生活したり種族を維持したりする状態を適応というのである。生物によってこの適応能力は異なるが、環境の変化に適応できない場合は生き残ることができない。
     では生物をとりまく環境とはどのようなものがあるのかを考えてみる。まずは生物同士の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。