佛教大学 S0525 学校教育職入門 【最新版】 評価Aレポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数335
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0525 学校教育職入門の評価Aのレポートです。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『現代の「教師に求められている資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。』
     「教師」とは一言でいえば、人にものを教える人である。したがってそれは万人が万人に対して教師であるということになる。これに対して「教員」とは、近代の学校を職場として、社会から学校等での教育を委託され、それに専門的に従事している職業人のことを指す。このレポートでは「教員」に関して考えていきたいと思う。
     まず簡単に教員の歴史について見てみる。「教員」は近代学校の成立とともに登場した。わが国では1872年の「学制」の制定から教員の養成が本格的に始まるが、この時期の教員は知識の伝達者であるとともに、政治的に中立で子どもに道徳的感化を与える人格の所有者でなければならないとされた。つまり天皇制国家の忠良な臣民育成の担い手であったのである。しかし第二次世界大戦の敗戦を機に日本の教育は大転換を遂げ、それまで臣民の義務として、「滅私奉公」の教育であったのが、教育を「権利」として保障したのである。教員も戦前には「順良信愛威重ノ気質」をもつことが要求され、聖職者であるとされた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。