佛教大学 S0534 教育相談の研究 【最新版】 評価Aレポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数380
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0534 教育相談の研究の評価Aのレポートです。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。
     今日、家庭での基本的な生活習慣のしつけ、さらには家庭での教育力が著しく低下しており、学校での生活習慣、態度、対人関係を構築・維持していくための方法などを習得していない児童・生徒が増えてきている。またいじめや不登校・非行などの問題が深刻となっている。今の日本の学校教育はこのような深刻な状況にいる子どもたちへもかかわり、なんとか援助していこうというところまで期待されている。このような状況より、教師は教育的に生徒と関わるだけでなく、カウンセリング的に関わることが叫ばれ、学校におけるカウンセリングの必要性・重要性が注目されるようになった。
     まずカウンセリングは心的構造におけるイド(自分の快楽のみを追及する快楽原則を基準とし生まれながらにもっている本能の心)・自我(現実を吟味していかにうまく現実に適応するかとういう現実原則を基準とし自分の行動を決定する心)・超自我(良心や道徳、社会的規範を基準とした理想の姿を求める心)のアンバランスを修正することである。またカウンセリングは大きく分けて二種類ある。一つは治療的(精神分析的)カ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。