P6701 異文化理解(西欧) 第1設題 合格リポート(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数487
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題 『EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。』
    2012年に作成したリポートです。
    あくまでも参考としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    EU統合はそこに暮らす人々、ひいては世界の人々の幸福にどのような貢献を果たすと考えられるか。またそれがもつジレンマとは何か。もっとも基本的な目的と具体的な発現状況を要約して述べよ。
     EU(欧州連合)は、ヨーロッパの政治経済の統合を目指し、加盟国間の相互協力を強化することを目的として設立された超国家機構である。
    第2次世界大戦後、ヨーロッパ各国の衰退は露わになった。大戦の実質的勝者は、アメリカと旧ソ連であり、両大国の狭間にあって、西欧諸国は、相互の軍事対立を回避すること、また、国際舞台における政治的発言力を強化することを目的に欧州統合が推進された。そして、1993年、EC(欧州共同体)を基礎として、EC加盟の12ヶ国により批准されたマーストリヒト条約の発効によってEUは発足した。この条約は、統一通貨にいたる経済・通貨同盟、国際的にヨーロッパのアイデンティティを示すための共通外交・安全・防衛政策、さらに加盟国間の内務・司法能力を目標に掲げ、同時に、欧州連合市民権の創設により構成国出身者の諸権利及び諸利益の保護を強化することも連合の目的としている。
    欧州連合市民権についてであるが、ローマ条..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。