【心理学】大学生の入学目的と学習意欲の関係性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数703
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    大学生の学習意欲についての論文です。主に研究計画という点に重きを置いています。研究計画を立てる方の参考にもなると思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ○○
    大学 
    ○○
    学科 


    学籍番号 氏名
    大学生の入学目的と学習意欲の関係性
    第一章 発表の要約
    1.
    先行研究について
     大学生の学習意欲低下という、現代の日本の問題に対しての先行研究の紹介である。多
    くの先行研究では、大学生の学習意欲低下の原因について大学教官の問題と、大学生自身
    の問題について考察されている。
    大学教官についての問題は、熱心でない、画一的な講義方法である、カリキュラムの非
    構造化といった教官自身の問題を指摘している。
    大学生についての問題は、出席率の悪さ、教えられたことに忠実すぎて、新しい方向か
    ら物事を考えない、学業以外の活動に熱中する、という問題が指摘されている。
    それらについての解決策として、次のような研究がなされている。「学習意欲が定期試
    験成績に及ぼす効果」、「授業場面における学習効果」、「達成動機と学習意欲」、「教
    員とのコミュニケーションと学習意欲」、「友人関係と学習意欲」、「大学生活の満足度
    と学習意欲」などである。ここで、大学生自身の問題について着目すると、大学に入学し
    た目的と学習意欲について調べられた論文がなかった。入学目的は、入学..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。