S判定【メディア】現代教職論MA

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数423
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    理解度チェック3「世界の中で比較して、日本の教員養成や学校教育のシステムはどのようなものと評価できるか。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メディア授業―現代教職論
    理解度チェック3
    課題:世界の中で比較して、日本の教員養成や学校教育のシステムはどのようなものと評価できるか。(1000字程度でまとめること)
     世界の中で比較すると、日本の教員養成や、学校教育のシステムは、このままで十分だと評価できるものと、改善するべきだと考えられる事、どちらもある。
     まず、教員養成のシステムだが、日本では現在、開放性によって、様々な大学で教員養成ができ、より多様な人材が教員となることができるようになっている。これは、多様な人材が教員となる事で、生徒にも良い刺激を与えられると考えられるから、閉鎖的にはしないほう良いと考えられる。しかし、必要な能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。