教育方法学レポート 説題1 A評価

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数244
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「教育方法学」のレポート説題1 
    「従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。
     社会の急激な変化に伴い、現代の学校教育は大きく変化してきている。従来は教師による一方的な知識伝達を重視した教育であったが、「ゆとり教育」や生きる力の育成、総合的な学習の時間、基礎基本の重視、特色ある学校づくりなど、様々な改革が取り入れられてきた。また情報社会化にともない教育においても情報化が叫ばれている。このように現代社会の変化はいやおうなしに加速されているが、先の行方が読めない。その中で、教育課題は「社会」の変化への適応よりも、「変化」そのものへの適応へと変わっている。社会がどのように変わろうとも、子どもにたくましく生きてほしいと願う中で今なお、学校において教育改革が推進している。その中でも教育方法の変革はその根本に位置するもので、従来の知識伝達を重視する、「受けさせられる」授業から、それぞれのニーズに合わせて「選んで受けるもの」という考えのもと、児童・生徒の主体的な学習を基本とする学習へと変化してき..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。