【家庭科概論】試験対策 『五大栄養素について、体内での主な働きと、多く含まれる食品を述べなさい。』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,626
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【家庭科概論】試験対策
    『五大栄養素について、体内での主な働きと、多く含まれる食品を述べなさい。』
    五大栄養素とは、糖質、脂肪、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをいう。
    栄養素のはたらきは、主に3つである。①生命活動のエネルギー源になる。(主に糖質・脂質・たんぱく質)②からだを構成する材料になる。(主にたんぱく質・ミネラル)③からだの調子を整える。(主にビタミン)
     糖質は、1gあたり4キロカロリーのエネルギーを生成する。人体内にある炭水化物は極端に少なく、摂取した炭水化物の約半分は、糖質の形でエネルギー源として利用され、残りの大部分は脂肪に合成されて蓄えられ、必要に応じてエネルギー源として利用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。