四象医学(韓医学)と韓国料理への理解

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数461
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    四象医学(韓医学)と韓国料理への理解
    韓流の代表作とも言える、ドラマ「チャングムの誓い」を観られた方々も多いと思いますが、
    これはドラマの中だけでなく、実際に現代の韓国での医学の現場でも多く残っており、
    日本の医療現場と同じく西洋医学を基にした治療(検査、投薬を通じて数字で判断をする)を行う大病院と
    中国から伝えられ、その後韓国で研究が進められている東洋医学を基にした治療
    (脈診や触診を通じ、食生活を細かく問診し、個人を診て判断する)を行う韓医院がお互いの限界を
    補いながら患者を診ております。
    四象医学はその根本を確立した独自の医学であり、
    韓国料理はその四象医学と仏教の考えを基に
    人の精神と体の健康を考え作られた料理であります。
    韓国料理は元々儒教の影響を受けた宮廷料理が
    庶民に普及し今の形を作ったものであり、
    「薬食同源」という概念の下、王の健康を第一に考えた料理であると言え
    その形が今も多く残っています。
    日本でも色や匂いも体や心に影響を及ぼし改善が期待できるという専門の
    カラーセラピストやアロマセラピストの普及が著しい現代ですが、
    韓国ではその宮廷時代から宮殿や料理に取り入れら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。