日本の小学校に英語教育は必要か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数437
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の小学校に英語教育は必要かどうかを自身の考えでまとめました。参考にどうぞ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「日本の小学校に英語教育は必要か?」
     この問題に対して私は必要ではないと考えている。将来、小学校教諭を目指している私が、なぜその様な考えに至ったのかを述べたい。
    私は、現在の日本の教育界、世界の教育界に対して不信感を持っている。それは、大切と思う事柄を何もかも教えようとする考えである。確かに、英語学習は大変重要な学習であり、これからの世の中を生きていくためには必要であるだろう。しかし、それが小学校から英語を導入すると言う理由に果たしてなるのかというと、私は違うのではないかと考えている。それは世の中には、大切な事柄が無数にあり、それをすべて教える事はできないからである。教師は子どもたちと接することができる時間は少ないので、その短い時間に何を教えるのかが大切になってくる。よって、その短い時間の中で教える項目として、外国語活動(主に英語)は優先順位としては後ろになるのではと考えている。優先順位として大切なのはやはり、「国語」なのではないだろうか。なぜ国語が大切なのかと述べると、すでに江戸時代から、教育界の元が出来上がっており人間の知的活動で最も大切なものは、「読み」「書き」「そろばん」とい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。