英米文学概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数352
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    イエイツについてまとめている。参考にして欲しい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私はイェイツについて取り上げたい。ウィリアム・バトラー・イェイツ(William Butler Yeats)は、アイルランドの詩人劇作家である。イギリスの神秘主義秘密結社黄金の暁教団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)のメンバーでもある。ダブリン郊外、サンディマウント出身。神秘主義的思想をテーマにした作品を描き、アイルランド文芸復興を促した人物である。
    今回のレポート作成にあたって授業で取り扱った「Easter,1916」を通して表像された他者への態度について述べていく。この詩の第三連には、鳥が雲から雲へと飛び移り、馬の足が小川にすべり落ち、潜っていた鳥が水面に出て相手を呼ぶ姿などが描かれている。48行目の「彼等は刻一刻変わっている」が55行目の「刻一刻生きている」と重ね合わされて、「変わっている」ことこそ「生きている」ことという認識がえられている個所である。56行目、変化している生き物の中にあって、石だけが変化せずに死んでいるという認識がえられているのもこの個所である。この事で理解できるのは、生命あるものが変化してゆく姿を「連続感」としてとら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。