児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数689
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    児童の権利に関する条約 (子どもの権利条約)
    1989年に国連総会において採択された国際条約であり、日本では1994年に批准した。条文は前文および54条からなり、18歳未満を児童と定義し、差別の禁止、児童の最善の利益、締約国の条約実施義務、父母の責任・権利・義務など児童の権利を包括的に認めている。
    条約では、従来の児童に対する受動的な権利を強化するとともに、特に第12条意見の表明、第13条表現の自由、第14条思想・良心・宗教の自由、第15条結社・集会の自由など、個の人間としての能動的な権利を明確にうたっている。
    児童相談所
    児童福祉法第12条に基づき、各都道府県および指定都市に設けられた児童福祉の専門機関のこと。
    子どもに関する各般の問題について、より専門的なものに応じ、児童の真のニーズに応じた援助活動を通じて子どもの福祉と権利擁護を図ることを目的としている。
    主な業務として児童福祉司等の専門職員や、委託に基づく児童委員・児童家庭支援センターにより、養護・保険・心身障害、非行、育成などの指導業務や、児童の一時保護、児童福祉施設への入所や里親委託措置を行っている。
    児童福祉施設最..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。