障害者に対する支援と障害者自立支援制度

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数495
ダウンロード数63
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    新障害者プラン
    障害者基本計画として平成15年~24年の10年間の障害者福祉対策方針が設定された。
    10年間を前期と後期に分け、前期の重点施策では、「入所施設は真に必要なものに限定し、地域資源として有効に活用する」、「10年間で精神障害者のうち退院可能な約7万2000人の退院・社会復帰を目指す」の2点をこれまでの計画とは違った方針として明記された。
    後期重点施策としては、啓発・広報、生活支援、生活環境、教育・育成、雇用・就業、保険・医療、情報・コミュニケーション、国際協力の8分野にわたって数値目標が設定されている。
    クオリティ・オブ・ライフ
    自分自身の生活のに関する主観的な満足感や安定感、幸福感、達成感などをさす。すなわちある人がどれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが出来ているかを計るための尺度として働く概念である。
    1940年代にアメリカにおいて市民社会の幸福に関する大統領委員会において研究された。
    また、村田信男氏は人生の達成感、生命の充実感、生活の満足感の3L、質と量の2Qで構成されるとしている。
    エンパワメント
    人とその人の環境との間の関係の質に焦点をあて、所与の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。