就労支援サービス

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数757
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    労働力人口
    満15歳以上で、労働力を提供する意思と能力をもち、現在就業している者と失業している者の合計。
    政府統計では収入を伴う仕事を週1時間以上した者を就業者、仕事がなく積極的に求職活動した者を失業者としている。
    例えば専業主婦や学業のみを行う学生は非労働者人口となるが、パートで収入を得た主婦やアルバイトをしている学生は労働力人口となる。
    障害者雇用納付金制度
    常用労働者が300人を超え、障害者雇用率制度で定められた障害者の雇用率を未達成の企業に不足数1人につき月額5万円を納付させ、それを財源として各種支援を行う制度。
    雇用率を超えて雇用する企業に対し、常用労働者300人以上の企業には障害者雇用調整金、および300人未満の企業には報奨金として支給したり、在宅就業障害者や在宅就業団体に仕事を発注した事業主に対して、特例調整金、特例報奨金を支給する
    特例子会社制度
    障害者を雇用するにあたり、その態様によっては特別な配慮が必要な場合など、親企業と切り離し、特別な配慮をした職場を設ける場合などに合わせ、1977年より始まった制度。
    企業の支配下にある子会社が一定の要件を備える場合、親..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。