相談援助の基盤と専門職

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数643
ダウンロード数55
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    共感
    クライエントの立場になって、その人の立場であったならば、どのように感じるだろうと想像すること。ソーシャルワーカーは自分の価値や態度や判断を抑え、クライエントの人生経験、信念、考えなどを深く理解する必要がある。
    またソーシャルワーカーは、内面で共感するだけでなく、相手の立場におかれたらどう感じるかを想像した上で、言葉や非言語的コミュニケーションを用いてクライエントへそれを伝える(反映)必要がある。反映することで初めて、クライエントに共感を伝えることができる。
    ソーシャルワーカー
    ソーシャルワーカーはソーシャルワークの価値を基盤に、専門の知識とスキルを活用する専門職である。
    社会福祉士、精神保健福祉士などの有国家資格者がソーシャルワーカーの代表であるが、いずれも名称独占資格のため、無資格でソーシャルワークを実践するソーシャルワーカーも存在する。
    人権と社会正義の原理を拠り所とし、人間の福利の増進を目指して社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々のエンパワーメントと解放を促す。
    コンピテンシー
    ソーシャルワーカーとして必要な行動や活動を遂行する総合的な能力や力量を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。