相談援助の理論と方法1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数2,381
ダウンロード数98
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    1958年に全米ソーシャルワーカー協会(NASW)から出された「ソーシャルワークの枠組み」
    ソーシャルワークは、すべてのほかの専門職の実践と同じように、価値、目的、権限の委任、知識、方法の総体として認識される。どの部分もそれのみではソーシャルワークの特徴を示しているとはいえないし、また、そこで述べられているどの部分もソーシャルワークに特有のものではない。
    と述べられ、ソーシャルワークの枠組みを①目的、②価値、③知識、④方法・技能、⑤権限の委任という5つの要素で構成されるとした。
    1990年代のストレングスの視点
    人々は問題だけでなく、強さをもって生活しているという視点であり、また、個人、家族、小集団・組織、地域社会のそれぞれの強さをとらえる視点。
    伝統的にクライエントを「問題を持った人」という否定的な視点から決別し、クライエントへの尊厳という価値を実現する。
    クライエントを否定的に理解すればクライエントの肯定的な変化は期待薄であることから、ソーシャルワーカーとクライエント間の対等なパートナーシップを確立するために生まれた。
    岡村重夫の示したソーシャルワークの機能
    ①社会生活上の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。