相談援助の理論と方法3

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数896
ダウンロード数75
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    個人を援助していく上で三つの重要な理解
    第一に個の存在価値、個人の尊厳に基づく理解をし、クライエントの問題をその人固有の問題としてとらえる。
    第二にクライエントの社会関係性に注目し、その人の社会的役割と機能をどのように認識し、発揮していくことが求められるかを理解する。
    第三にクライエントが内包する力を信頼し、変化の可能性を信じる、その人のストレングスに基づいた、困難な状況である場合でも肯定的な視点で誓いする。
    ケースマネジメントの目的
    高齢者であろうと疾患や障害がある人であろうと、そうした人たちが地域社会で生活し続けていけるよう、コミュニティケアを推進すること。
    身体機能的側面のみならず、精神心理的、社会環境的側面も含め統合的にアプローチすること。
    その統合的なアプローチによって「質の高い生活(QOL)」を実現すること。
    また、病院や施設から在宅への生活に戻したり、在宅生活での不必要なサービスや重複サービスの利用を避けることなどによるコストの削減の側面からもQOLの実現を図ること。
    などが目的となる。
    マクスリーのケースマネジメントにおけるアセスメントの7つの特徴
    マクスリーは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。