相談援助の理論と方法4

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数542
ダウンロード数83
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    生活モデル
    生活モデルは、生物と環境の間のバランスのとれた相互依存関係について研究する学問である生態学の特徴を「人と環境」との関係において考究したもの。
    人の「生活過程」を、その人の「生活空間ん」や「生活時間」、「生活環境(社会環境)」におけるさまざまな要素との間で交わされる絶えることのないやりとりの過程をとらえる。
    人と環境の交互作用、関係性、生活ストレスと対処、適応、コンピテンス、包括・統合的視野がその特徴となっている。
    ナラティブアプローチ
    ナラティブアプローチは、「現実は社会的に構成されたもの」「現実は、人と人との対話を通じて作られるもの」という認識論である、社会構成主義の考え方に基づくアプローチである。
    人は「現実」を常に「意味づけ」しながら生きており、それは過去からの一連の流れのなかでの経験に対する解釈であり、つまりは、それぞれ自分自身について、自分自身の意味世界を「物語」として編み出していると考えることを基礎としている。
    ソーシャルワークにおいては特に、個別支援や家族支援に援用されている。
    スーパービジョンの機能
    スーパービジョンの機能には、次の3つがある。
    1つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。