地域福祉の理論と方法1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数533
ダウンロード数75
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    福祉コミュニティ
    岡村重夫が1970年に「地域福祉研究」において最初に提起された概念。
    援護・介護が必要な高齢者や心身障害児とその家族などの当事者を主体として、彼らの個別的、共通的欲求の組織化を重視しつつ、居住する特定の地域において、通常の生活を営めるように援助するためのインフォーマル及びフォーマルなサービス提供者や、その地域内相互援助を行う住民が、援助と予防といった地域生活を支えるような共通事項に基づいて、相互に結び合わされた社会関係のネットワークを指す。
    地区社会福祉協議会
    政令指定都市の区ごとに組織された社会福祉協議会を指す。
    社会福祉法第109条にて市町村社会福祉協議会と合わせて規定され、①社会福祉を目的とする事業の企画及び実施、②社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助、③社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成、④前三号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体である。
    ソーシャル・サポート・ネットワーク
    コミュニティソーシャルワークを福祉ア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。