現代社会と福祉2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数476
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    社会福祉基礎構造改革
    2000年の「社会福祉の増進のための社会福祉事業法等の一部を改正する等の法律」によって施行された改革。「個人の尊厳」「自立(支援)」「参加」「利用者の意向の尊重」「利用者の立場」をキーワードに、画一的で非民主的な社会福祉構造を福祉サービス利用者に主体化を持たせたものへと転換させた。
    利用者と提供者との契約制度、日常生活自立支援事業、福祉サービスの運営委員会の設置や、多様な事業主体の参入促進、地域福祉の推進、サービスの質の向上などの仕組みが導入された。
    福祉レジーム
    福祉が生産され、それが国家・市場・家族の間にはいぶんされる総合的なあり方を指す。
    自由主義レジーム、保守主義レジーム、社会民主主義レジームの3つに分類される。
    市場の自由な経済活動を重視する自由主義レジームは、市場と家族の役割を重視し、それが機能できない例外な場合に政府による社会サービスが一時的に機能するとしている。
    伝統的な家族や地位の格差の保持を重視する保守主義レジームは、労働市場における地位や功績に社会サービスが連動するものとしている。
    すべての住民を対象とする普遍的な社会サービスを重視す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。