人体の構造と機能及び疾病

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数436
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    問題1
    原始反射
    「原始反射」とは、人間がもともと生まれ持っている運動反応をさし、胎生5ヶ月前後から急激に発達し、大脳より下位にある脊髄や脳幹が支配している反射である。
    おもな原始反射には、把握反射・歩行反射・吸綴反射・緊張性顎反射・共鳴反射・モロー反射があり、原始反射は生後、成長するにつれてなくなっていくが、その時期には個人差もかなりある。
    脱水
    人間の体の60%はみずで出来ており、それを一定に保つために摂取する水分量に応じて腎臓が尿の量を調整し、調整する仕組みになっている。その限度を超えて、水分摂取量が少なかったり、排泄される水分量が増えた場合、体内の水分量が不足する「脱水」症状となる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。