米文学研究(第1・2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数495
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2つの設題を合わせたファイルです。
    1.ソーントン・ワイルダー作『わが町』の主題について述べよ。
    2.テネシー・ウィリアムズ作『ガラスの動物園』の主題について述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    ソーントン・ワイルダー作『わが町』の主題について述べよ。
    ソーントン・ワイルダー(Thornton Niven Wilder, 1897 - 1975)はアメリカ演劇史における代表的劇作家の一人であり、また小説家でもある。この作品が生まれた1930年代は、1929年の経済恐慌の影響もあり、伝統や社会の矛盾に対する批判を主題とした作品が多い中、ワインダーは、過去に類を見ないような独特の技法を用いてこの作品を書いた。それは、「舞台監督」の役割に見られ、舞台監督がこの作品の主題をリードしていると言っても過言ではない。この作品における「舞台監督」は、舞台監督としての役割だけでなく、場面によっては舞台の進行係や語り手として働き、また、時間を自由に左右することのできる超越的な存在として観客に不思議な感覚を与えるのだ。これは、観客と共に舞台を築こうという試みの表れであり、その結果、観客に親しみやすい演劇として人気を博していくのである。通常、当時のアメリカ文学に見られるリアリズム演劇には、そのような舞台監督は存在しない。ワイルダーは、新しい手法を用いて、アメリカ演劇に新たな一面を創造しようと..

    コメント1件

    new_yorker 販売
    合格したレポートです。参考にしてみて下さい。
    2014/08/11 8:14 (2年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。