英文学史(第1・2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数209
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2つの設題を合わせたファイルです。
    1.ロマン主義とは何か。またその担い手たちはどういう意味でロマン主義なのかをそれぞれ述べよ。
    2.ヴィクトリア時代の小説について、当時の社会背景なども考慮しながら述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    ロマン主義とは何か。またその担い手たちはどういう意味でロマン主義なのかをそれぞれ述べよ。
    ロマン主義とは、18世紀末から19世紀にかけてイギリス、ドイツ、フランスを中心としてヨーロッパ全土で繰り広げられた文学、芸術、思想などの自由とその解放を願う風潮のことである。この風潮を通して、18世紀の古典主義が尊重した理性や法則を否定し、想像力や人間生といった抽象的なものを肯定して自由と個性を追求しようとした。つまり、ロマン主義と古典主義は相反する考えをもっており、古典主義の法則の束縛により満足に自己を自由に表現できない人たちが追求したものの表れがロマン主義だといえる。それが、後に出てくるワーズワス(William Wordsworth, 1770-1850)やコウルリッジ(Samuel Taylor Coleridge, 1772-1834)に代表される人物である。このように、ロマン主義では法則といった型にはまった考えをすべて排除し、個人の想像力に従う自由を主張するのである。さらには、中世の趣味や異国情緒などを題材として、時間的空間的に遠いものに対して憧れを抱き、自然を神秘化し、自然..

    コメント1件

    new_yorker 販売
    合格したレポートです。参考にしてみて下さい。
    2014/08/11 8:19 (2年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。