英文学史 テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数365
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Edmund Spenser ついて述べよ。
     エドマンド・スペンサーは、チョーサー以後最大の詩人である。ケンブリッジ大学に学び、ゲイブリエル・ハーヴェイやエドワード・カークのような文学を愛好する友人を得た。卒業後、シドニー卿の知遇を得る。処女作『牧人の暦』は、シドニーに献じられた。これは、それぞれ12の月に割り当てられた12の牧歌から成っている。古語と俗語をふんだんに取り入れて恋愛、宗教、芸術から女王の賛歌に至るまで、様々な主題を様々な詩形で歌い、エリザベス朝詩壇に一時期を画するものとなった。
    『妖精の女王』は、彼の死のために未完で終わったものの、人々の好評を得た大作である。その意図は「徳と騎士道の教えを身につけた紳士貴人を描きだすこと」とされている。本来、アリストテレスに従って12の徳に分け、その徳のそれぞれを代表する12人の騎士を配して、一連の寓意物語として12巻で完成するはずであったが、7巻の途中で死んでしまったのである。この作品は、道徳を説いたというよりも、むしろ愛と美の世界を表現したものと捉える事ができる。誇張が多かったり一貫性にかけていたりして、今日一般に訴える魅力がある..

    コメント2件

    ラズベリル 購入
    「ヴィクトリア時代の詩について述べよ。」と「20世紀の30年代の詩の特徴とその担い手たちについて述べよ。」については、記述がありません。

    2010/11/28 1:56 (6年前)

    new_yorker 販売
    上記題意に関しては、教科書に記載されておりますので省略してあります。
    ご注意下さい。
    2010/12/11 13:04 (6年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。