異文化理解西欧 テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数627
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ヨーロッパ統合は歴史的にどんな経緯を持っているか。
    まず、忘れてはならないのがヨーロッパは分裂と統合を繰り返し、今日のEUに至っているということである。それは、ヨーロッパと外部からヨーロッパを抑えつけようとする勢力との紛争だけでなく、ヨーロッパ内部での統合・一元化へ向かわせようとする傾向と、分裂・多様化を目指す傾向でもある。
     ヨーロッパの歴史は、5世紀の民族大移動から始まっている。そして、ローマ帝国の廃墟のうえに様々な異民族の王国が形成され、新旧の民族が混在し、またそれらの諸王国が分裂と結合を繰り返して、次第にヨーロッパが形成されていく。 歴史学者ボミアンによると、ヨーロッパの歴史には2つの結合の時期が存在した。第1の結合は、12世紀以降である。教皇と神聖ローマ帝国、神聖ローマ帝国とフランス、百年戦争などがあり、政治的な対立と戦争の続く分裂の時代であった。だが、他方では文化的な統一が完成をみた時代でもある。第2の統合は、17,8世紀のフランスを中心とした文芸共和国と宮廷文化である。文芸共和国とは、フィロゾーフと啓蒙主義によって知られる知的伝統の共和国であり、共通語としてフランス語が話..

    コメント1件

    new_yorker 販売
    最終試験のテスト対策として利用しました。
    参考にしてみて下さい。
    2014/08/20 20:58 (2年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。