「社会福祉士に求められる資質について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数6,498
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉士に求められる資質について述べよ。」
    1.社会福祉士に求められる資質
     社会福祉士は、高齢者や障害者など「社会的弱者」の立場や心理を理解し、クライエントの満足のいく支援を行っていかねばらない。年々、福祉ニーズは多様化・深刻化しており、質の高い社会福祉士の増加が今後の課題でもある。どういった資質を持った社会福祉士が求められているのか考察していく。
    ①自己感知について
     自分を知ることが求められる。他人を支援することは、まず自分を知ることから始まる。自らの能力・性格・個性を理解し、感情・態度を意識的にコントロールすることが必要である。クライエントの援助を自分の価値観や感情に左右されずに、客観的にクライエントの問題として捉え、問題の状況を誤って判断することのないように心がけていかねばならない。価値観の領域の拡大を目指していかねばならない。
    ②共感について
     自分の価値や判断を抑えて、クライエントの立場になって、その人の立場であったならどのように感じるのか想像し、クライエントの人生経験、考えなどを深く理解する必要がある。クライエントの立場になったらどう感じるかを想像して、それを言葉や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。