「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,761
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ。」
    1.社会調査の意義と目的
     社会調査とは、国、地方自治体、営利法人、非営利法人、個人やその集まりや組み合わせが、調査主体となって、調査対象にまつわる諸課題の理解、対応策の立案などを目的として、客観的な方法によって社会事象に関するデータを現地調査によって収集、処理、記述および分析する過程を通して社会事象を定量的または定性的に認識するために行われるものである。社会調査の意義とは、社会調査を行わなければ知ることができない事実を求めることであるとともに、既存のデータを活用するにあたってもそれを読みとるためには、社会調査を実施するのとほぼ同等のレベルの知識が要求されていることである。社会調査の目的は、社会事象の科学的認識であるが、実践的な目的をもって行われる社会調査も少なくない。科学的認識でも実践的認識でも、すべての調査は認識に向けられており、社会的事実を認識するために必要となる客観的な方法を用いるのが望ましい。
    2.社会調査の基本的性格
     社会調査の性格は、その歴史から読み取ることができる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。