「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,793
ダウンロード数43
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ。」
    保健医療サービスとは、ヘルスケアの訳であり、治療や看護などの医療サービス(medical service)と移送や家事援助などの社会サービス(social service)から構成される。疾病構造が感染症から慢性疾患、高齢者医療に変化するとともに、保健医療サービスはキュアからケアへ総合的なケアが求められることになる。これは、今まで病院による治療を重視したサービスから、在宅での生活を重視したサービスへ転換していくことを意味する。
    1.保健医療サービスの歴史
    大正11年制定され、昭和2年施行した「健康保険法」は、旧西ドイツの労働者保険をモデルにし、労働者を対象とした公的な医療保険制度である。さらに昭和13年「国民健康保険法」が施行し、労働者以外の住民も対象とした。戦後になると国民の3分の1が無保険者であったことから、昭和36年「国民皆保険」が実現した。「いつでも・どこでも・誰でも・安心してかかることのできる」医療を目標とし、平等な医療が提供されてきた。その結果、平均寿命の伸長、乳幼児死亡率の低下..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。