「高齢者の特性と高齢者を取り巻く環境をふまえ、これからの高齢者支援について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,743
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「高齢者の特性と高齢者を取り巻く環境をふまえ、これからの高齢者支援について述べよ。」
     高齢者とは、一般に65歳以上の者を指し、74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と区別している。わが国は、平均寿命、高齢者数、高齢化のスピードという三点において、世界一の高齢化社会といえる。2010年9月に総務省が発表した推計人口によると、65歳以上の人口は2944万人となり、総人口に占める割合は23.1%と過去最高を記録している。今後も更に高齢者の数は増加し、高齢化率も上がっていくことが予測されている。
    1.高齢者の特性
     高齢者の特性について、①社会的特性、②身体的特性、③精神的特性の3つについて記述する。
    ①社会的特性
     家族構成の変化により一人暮らしの高齢者が増加し、災害・犯罪・虐待等の被害者になることが多い。定年退職で経済力の低下、社会的地位の損失、配偶者や兄弟・友人の死を経験し自尊心や生きがいを失い、総合的な喪失が起こる。一方で、定年退職により自由な時間が増え、趣味や地域での活動や、祖父母の役割を行うなど獲得も生まれ、獲得と喪失が交錯する。
    ②身体的特性
    高齢者は、個人差はあるが全..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。