「少子高齢社会における児童・家庭福祉のあり方について述べよ。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,782
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「少子高齢社会における児童・家庭福祉のあり方について述べよ。」
    1.少子高齢化の現状とそれが及ぼす社会経済への影響について
     戦後第一次ベビーブーム、第二次ベビーブームを境に出生率は減少傾向にあり、現在では、出生率が1.3%台を推移している。このような出生率の低下は、子育てをしにくい社会がもたらした結果であり、3つの要因が考えられる。①晩婚化、②未婚率の上昇、③夫婦の出生率の低下である。①晩婚化は、女性が高学暦になり社会進出することで、「出産・子育て」か「就業の継続」の二者択一をさせる構造の社会では、仕事を選択する女性が増え、晩婚化に繋がっている。晩婚化は出産の遅れを招き、全体的な出生率の低下に影響する。②未婚率の上昇は、フリーターや非正規雇用者の増加により、結婚したくても収入が安定せずできなかったり、理想とする人が現れるまで結婚しなくても良いと考える方が多いこと、結婚せずとも、仕事を生き甲斐として独立したライフスタイルを選ぶ人が増加したり、結婚子育てが幸せであるという考えが古くなり、自由なライフスタイルが、社会で認められてきたことなどあげられる。③夫婦の出生率は、結婚をしても子どもを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。