【新版2011レポート】 S0611 数学概論  S0618 算数科教育法 セット

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数1,019
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・数学概論
    1.自然数、整数、有理数、少数、実数のそれぞれの数の特徴について記し、続いてこれらの数の相互の関係について記しなさい。
    2.立体における二面角と三面角について説明し、続いてアフィン変換と射影変換の法則が成り立つ現実場面を記しなさい。
    3.各種の量の特徴について整理分類して記し、続いて各種の関数の特徴について整理分類して記しなさい。
    4.「順列」と「組み合わせ」の違いについて記し、続いて条件付き確率について説明しなさい。
    5.集合における交換法則、結合法則、分配法則、ドモルガンの法則について説明し、続いて論理の合接、離接の意味と心理表を作成しなさい。
    ・算数科教育法
    「算数科教育の目標(2つの立場)と評価(行為動詞含む)について、双方の関係を含めて記述し、その後、自分の視点で考察せよ。数と計算、量と測定、図形、数量関係、集合・論理の教育の内から一つを取り上げ、各学年での指導内容の構成と、指導のポイントについて記述せよ。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自然数、整数、有理数、少数、実数のそれぞれの数の特徴について記し、続いてこれらの数の相互の関係について記しなさい。
    立体における二面角と三面角について説明し、続いてアフィン変換と射影変換の法則が成り立つ現実場面を記しなさい。
    各種の量の特徴について整理分類して記し、続いて各種の関数の特徴について整理分類して記しなさい。
    「順列」と「組み合わせ」の違いについて記し、続いて条件付き確率について説明しなさい。
    集合における交換法則、結合法則、分配法則、ドモルガンの法則について説明し、続いて論理の合接、離接の意味と心理表を作成しなさい。
    【1】自然数(N: Natural Number)は、あるものの集まりの個数を調べる際に活用するものであり、子どもが最初に触れる数の集合であると考えられる。元(要素)と数字を順に一対一対応させ、対応する中の最も大きな数字がその集合の大きさを表す数で、集合数(あるいは計量数)と呼び、元と数字を一対一対応させたものを並べた順序を表す数を順序数と呼ぶ。たとえば、4+3=7は、元の数がそれぞれ4と3の合併集合を作ったときの元の数7という形で説明できる。自然数1,2,3..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。