教育史

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数125
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども人間発達保育自然自由現代援助

    代表キーワード

    教育史

    資料紹介

    フレーベルのこども観と教育思想

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現代では、遊びを通した総合的な保育が重要視され、子どもが自発的、意欲的に活動し、成長していくことが保育の目的とされている。西洋では、これまでの歴史の中で多くの思想家が教育についてさまざまな考えを主張してきた。その中で、最初に幼稚園を設立したのがドイツの教育者フレーベルである。彼の考える教育とはどのようなものだったのだろうか。
     フレーベルは、主著といわれる「人間の教育」の中で「万物は、神的なものがその中にあって働いていることによってのみ存在する。この、それぞれのものの中にあって働いている神的なものこそ、それぞれのものの本質である」と述べているように彼は、神の存在を強く主張していた。「人間は神の被造物である・・・被造物として、神の子として、人間の精神か神的本質を持っている」として、人間が神の被造物であるということを認識し、行動するべきと述べている。すべてのものに神的なものが「宿り、働き、かつ支配している」のであり、その神的なものがすべてのものの本質なのである。すなわち「すべてのものの使命および職分は、そのものの本質、したがってそのものののなかにある神的なもの、ひいては神的なものそれ自..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。