佛教大学、S0534、教育相談の研究 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数126
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最新平成23年度版A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」
    近代に入り社会の構造が複雑化するに従い、人々の悩みも多岐にわたり、その相談内容も多様化してきた。カウンセリングの概念も、相談や助言に加えて治療的な意味を付加され、一定の知識や技術を持ったカウンセラーが、日常生活において問題を持ったクライエントを、自発的に自分で意思決定できるようにするという目的でできあがり発展してきた。  カウンセリングの必要な人は、なんらかのことで心理的に悩みを持つ人であり、まず悩みの内容をよく知ること、次いでその悩みの生じた原因を明らかにすること、そしてその原因を取り除くように働きかけることこそがカウンセリングであるといえる。  私たちの心は理想の姿を求める超自我、快楽を求めるイド、そのどちらかを選び自分の行動を決定する自我の三重の構造によって成り立っている。  これは、精神分析学者フロイトによって提唱された人間の精神構造を3つに分けた概念であるが、これによるとイドは快楽原理に基づいて、本能のままに欲求を出して満足を求め、このイドの上に存在し、理性的にイドをコントロールするのが自我、最後に超..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。