佛教大学、S0107教育行政学第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数405
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    最新平成23年度版A判定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育基本法の「改正」について論じなさい
     教育基本法は、日本の教育に関する根本的・基礎的な法律であり、教育に関するさまざまな法令の運用や解釈の基準となる性格を持つことから、教育と教育行政、そして教育行政学にとってもきわめて重要なものである。
    2006年12月22日に公布・施行された現行の教育基本法は、「我が国と強度を愛する」態度を養うことなど、国家主義・権威主義的傾向をもつ教育の目標を新たに盛り込んでいることを始めとして、1947年に発布・施行された教育基本法の全部を改正したものである。
     1947年の発布・施行されてから、長い年月が経ち、教育を取り巻く環境も大きく変化してきた。高度経済成長期をへて、科学技術の進歩、情報化社会、国際化社会、少子高齢化社会などが進み、社会の活力の低下、経済情勢の悪化の中で、就職率の低下、リストラなど、現代の社会において、さまざまな問題が生じてきている。
    このような危機を脱し、創造力と活力に満ち、世界に開かれた社会を目指すためには、政治、行政、司法、経済構造などの抜本的改革が必要であり教育に関する大規模な改革も必要不可欠なのである。
    現在、バブル崩壊後「高..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。