生涯学習概論 試験対策 6設題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,349
ダウンロード数88
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    これ暗記で90点ゲットしました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「リカレント教育の機能、意義及び現状と課題について述べよ。」  リカレント教育論は、ユネスコの生涯教育論に批判があったため、OECD(経済協力開発機構)によって1973年に提唱された。  ここで述べる「教育」というのは学校の教育のような組織的・計画的な教育である。
    生涯教育といっても、一生涯、切れ目なく生涯教育を継続することはできないため矛盾が生じる。
    OECDは人生の過程を教育の時期とそうでない時期(労働期や引退期など)とに分け、この2つの時期を「繰り返し(リカレント)」、各人の要求に応じて可能にする教育を組織する方が現実的であると主張した。つまり、学校を終えた社会人が再び組織的な教育を受けられる制度、学校再入学・再学習の制度を主張する。こうすれば、日常生活で獲得した偶発的な学習経験と、学校などの制度かされた教育のもとで習得した構造的な学習経験との往復も可能である。
    つまり、人間の可能性を取り出し、真の自己実現のために行われるところの「一生涯を通じての」活動でなくてはならない。学校を終えた社会人が再び組織的な教育を受けられる制度、学校再入学・再学習の制度を主張する。生涯にわたる教育を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。