教育社会学 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数79
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成23年度最新版A評価

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。」
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」ということである。日本は世界でも有数の学歴社会の国であり、長い年月において学歴社会が継続されてきた。
    教育において子どもたちを競わせ、そこでの出来において地位が振り分けられるシステムによって、個人の努力の分だけ地位を上昇させることが可能となる実力主義の時代となり、学歴社会が誕生した。  日本における学歴社会の第一歩は明治以後である。江戸時代までの日本の社会においては、士農工商にもとづく封建的な階級社会であり、生まれた時から自分の将来の地位や身分が決定しており、本人の意思で地位や身分が動くことはなかった。この時代から明治に入ると、国の「富国強兵」の政策に基づき、国が各分野で優れた人材の確保に努め始めるようになった。そこで必要となったのが、より効率的な人材養成、登用のシステムであり、その必要性を満たすものが実力主義の学歴社会であった。この学歴偏重主義はわが国において非常に根強く浸透..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。