教育原論 ペスタロッチーの教育学第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数384
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    平成23年度最新 A評価佛教大学 レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設 題「ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。」
     ペスタロッチーは18~19世紀にかけてスイスで活躍した教育思想家であり、実践者である。幼くして父を失い、母と家政婦によって育てられた。幼年期の女性によって育てられたことが、後年教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考える。当時の教育は教会が主として、学校を運営し、その教育内容は教義問答であり、本当に必要な教育がなされていない非常に低劣なものであった。また、産業革命の影響で、封建的な体制が色濃く残る農村社会に産業資本が入り、生活基盤が崩れ荒廃しつつあった。また、フランス革命の余波によって社会が混乱し、多くの子どもたちが孤児となり路頭にさまよい、貧困の状態は深刻であった。  そこで、ペスタロッチーは、この貧困を改善するために必要なことは、子どもたちに経済的な自活の能力をつけさせ、健全な家庭生活が営まれることによって、健全な家庭生活が生まれ、道徳的な人間が育成されると考え、1774年貧民院(貧民学校)を設立し、自ら教育活動を開始した。後に、ブルクドルフの初等学校教師となったが政変によって二年後、学校から追放..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。