国際情報法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数165
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    千葉大学法経学部 経済・総合政策学科 国際情報法のレポート 個人情報、プライバシーに関するレポートとなってます

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     近年インターネットによるブログやソーシャルネットなどが普及してきている。その場合においての個人情報の取り扱いというのは注目しなければならないところである。そのブログなどで個人が日記を記し誰でも自由に閲覧することが可能となっている。誰でも見られることができる場において個人の日常や身の上などの個人情報が容易に流出しやすくなっているのである。実際その点における問題も多数上がってきている。ファイル共有ソフトを使用していたものがウイルスに感染し、個人情報が流失して、その知人の情報までも流出してしまい、さらにブログにおいて本名で登録し公開されていたなどというケースもある。こうなってしまってからでは遅く、個人情報を防ぐためには事前の対策が必要となってくるのである。まず自分がネットという世界においても個人として存在していることをしっかりと認識しておかなければならない。ネットにおける世界では利用するものは匿名性が強いものだと思い気軽に使いがちである。そういった意識でネットを使うことによって個人の情報を漏らしていることを無意識にしているのである。本人は誰も見ないであろうとおもっていることが色々な人の目に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。