『臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ』

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数557
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『臨床心理学における人間理解の必要性および面接場面における留意点について述べよ』
     今日、社会機構の複雑化と急速な変化にともなって、様々な不適応状態に陥る人々が多くなった。症状の重さは眠れない、食欲がないといった軽症のものから、皮がむけるまで手を洗っても気が済まないという強迫行動を示すものや、自分は価値のない人間だといって抑鬱状態を露呈したりする重度のものまで様々であり、あらためて精神と身体との関連性を問題として注目されている。
    身体をケアするのは医学であり、肉体を理解する必要がある。また精神をケアすることはカウンセリングであり、人を治すという意味では医学と同様である。カウンセリングにはクライアントと自分自身の人間理解が必要であり、その基盤となるのが臨床心理学の知識である。
    臨床心理学は1935年のアメリカ心理学会で次のように定義している。「臨床心理学は応用心理学の一つであって測定、分析、観察等の方法を通して、個人の行動能力と行動特性を明らかにする事を目指すものである。またそれは身体の検査や生活歴からえた資料と、それらの所見を総合することによって、個人のよい適応に示唆と勧告与えるもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。