子どもの「不適応行動」について述べよ 完成版

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数116
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境心理学社会心理教師学校発達健康不登校問題

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの「不適応行動」について述べよ。
     子供は家庭、学校、地域の中で生活をしている。家庭では両親などの家族関係、学校では友達や先生、学業との関係、地域では塾等の習い事や、スポーツクラブなどの関係の中で、様々な経験をし、試聴していくものである。従って、非常に環境の影響を受けやすいといえる。子供の心が健康であるという事は家庭や学校、地域の中であたたかい人間関係の中で自分の居場所を持ち、自分の力を十分に発揮できると言えるでしょう。とくに生活に大半を過ごす学校生活においてはクラスの中において、快適を感じ、仲の良い友達と学習やや活動に意欲的に取り組むことによって子供の心の健康は健やかに育つと言えるでしょう。
     しかしながらそういった健やかな環境で育つ子供だけではないのが今の世の中である。よく問題として取り上げられる少子化、核家族化はますます進む傾向にある。その結果、家庭生活の助け合いが減り、離婚や幼児虐待など様々な家庭問題は増大する一方となっている。幼少期の子供にとっては大人のエゴともとれる受験競争の過熱は、学歴社会や暗記至上主義、偏差値重視の教育の為、子供たちは精神的な閉鎖状態に陥り、スト..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。