教育原論 教育心理学 教育方法学 教育社会学セットレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数33
閲覧数324
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学の「教育原論 教育心理学 教育方法学 教育社会学」のセットレポートです。学習の参考に使用ください。

    レポートの評価
    1.教育原論→A
    2・教育心理学→B
    3・教育方法学→B
    4.教育社会学→A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.『教育原論』
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ
    ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチー(1746~1827)は、18~19世紀にわたって活躍したスイスの教育思想家であり、また、その実践家でもある。彼の幼年期は女性によって育てられたことから、のちに教育における女性の重要性を説いたことに影響していると考えられる。その後、彼は1774年設立の貧民院(貧民学校)を設立し、教育活動を行った。富裕層や上流階級のものであった教育を貧民や一般民衆の子ども達に対して初めて実践し、教育を通じて自活する能力を身につけさせるなど、子ども達の人格形成を含めた組織的な教育活動を展開したからである。では、ペスタロッチーの教育学についてどのようなものであったか考察していく。
    まず、一つ目に有機的・発達的教育方法である。ペスタロッチーはルソーと同様に、子供には将来発展する素質が備えられており、この素質が子供の内から発展するように助成するのが教育と考えている。教育者は子どもの内的本性が自ら実現していくのを援助することに専念しなければならない。逆に子どもの内的本性に備わっていないものを、外部から注..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。