スポーツ論入門 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数469
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ⇒自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものについて

     私は、中学生時代から現在も続けている野球により得た内容を記述していく。
     小学校時代、友人たちが多くスポーツ少年団という野球チームに所属し、その影響により、私も一度は所属し野球をし始めた。しかし、私は長距離走が苦手で、体力に自信がなかった。スポーツ少年団で、地域のマラソン大会に参加する機会があり、長距離走の苦手な私は、このときに、スポーツ少年団を辞めてしまった。スポーツ少年団を辞めてしまったが、体育の時間などでする野球やソフトボールでバットを持って打つという動作が好きであった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ⇒自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものについて
     私は、中学生時代から現在も続けている野球により得た内容を記述していく。
     小学校時代、友人たちが多くスポーツ少年団という野球チームに所属し、その影響により、私も一度は所属し野球をし始めた。しかし、私は長距離走が苦手で、体力に自信がなかった。スポーツ少年団で、地域のマラソン大会に参加する機会があり、長距離走の苦手な私は、このときに、スポーツ少年団を辞めてしまった。スポーツ少年団を辞めてしまったが、体育の時間などでする野球やソフトボールでバットを持って打つという動作が好きであった。
    中学生になり、打って遠くに飛ばすという行為再び野球がしたいと思い、野球部に所属した。部活動の休日が年に、6日ほどしかなく、毎日が野球漬けで、体力的・精神的にも厳しかった。しかし、同級生の仲が良く、お互いを意識し、励ましあい、厳しい練習であったが楽しい野球生活を送ることができた。現在になって、同級生が集まり、草野球チームをつくって野球を楽しめるのも、あきらめないで野球を続けてきたからであると考える。
    その他の出来事で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。