灰分の定量

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数5,231
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    管理栄養士養成校における食品学実験。

    さまざまな食品中の灰分を“ 直接灰化法 ”により
    定量を行い,各食品に含まれる灰分量を求めた。
    えられた実験結果から、各食品に含まれる灰分の性質に
    よる特徴の違いについて考察した。

    【 9段階中1番の Aプラス判定 】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ガンリョウ
    穀類
    1.実験項目 ザイリョウ
    ジッケン キグ
    5.実験機器
    コウモク
    魚類
    ルイ
    穀類
    コクルイ
    ドライ
    ソーセージ
    妊婦さん
    いりこ
    釜上
    ちりめん
    モト
    試薬:
    シヤク
    試料:
    シリョウ
    しいたけ類
    ルイ
    バイオレット
    カメリア

    ハン
    容器重量
    ( g )
    試料入り容器
    重量( g )
    ちりめん
    乾燥後
    1回目
    乾燥後
    2回目
    乾燥後
    3回目
    重量減少
    の差( mg )
    豆類
    マメルイ
    ジッケン
    スライス
    椎茸
    試料入り容器
    重量( g )
    原理:
    ゲンリ ジカン
    2.実験目的 カネツ
    フンカン
    ホウレイ
    ショウリョウ

    カエ
    コウリョウ
    ルイ
    ジッケン 薄力粉
    4.実験器具
    ジッケン
    いりこ
    モクテキ ジッケン
    3.実験材料
    キキ
    強力粉
    ハクリキコ
    6.実験操作
    グループ
    計算結果
    アオジ
    ジュウリョウ
    ゲンショウ
    キョウリキコ
    ダイズ
    しいたけ
    ※単位 ( g / 100g )
    タンイ
    1組
    灰分含量

    食品成分表
    灰分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。