水分の定量【 Aプラス判定 】

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数11
閲覧数5,388
ダウンロード数48
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    管理栄養士養成校における食品学実験。
    さまざまな食品中の水分を“ 常圧加熱乾燥法 ”により
    定量を行い,各食品に含まれる水分量を求めた。
    えられた実験結果から、各食品に含まれる水分の性質に
    よる特徴の違いについて考察した。
    9段階中1番のAプラス判定。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    スライス
    椎茸
    イッパン
    3.実験材料
    原理: シリョウ
    6.実験操作
    ジッケン
    ソウサ
    ゲンリ
    フン
    カン
    ホウレイ
    ショウリョウ
    ジッケン
    ザイリョウ
    試料名

    カエ
    コウリョウ
    モト
    ② 教員が予め一定量の試料を量り取り秤量し、乾燥前の重量を
    キョウイン
    リョウ
    シリョウ
    アラカジ
    シリョウ
    バイオレット
    カメリア
    ヒロ
    モチ
    イッテイ
    2.実験目的
    メイ 一般に広く用いられる方法で、常圧または減圧のもとで試料を加熱乾燥して、
    ジッケン セイブン
    ソウサ
    ミズ
    カンゼン
    ノゾ
    カネツ
    中他の成分の変化が起こらない、という約束がなされている。
    スイブン
    ジュウリョウ
    ブンセキ
    イッシュ
    カネツ
    モクテキ
    シリョウ
    その減量を水分とみなす重量分析の一種。しかし、加熱乾燥を行う場合、①
    ゲンリョウ
    カネツ
    カンソウ
    ショウリョウ
    リョウ
    食品中の水分を定量し、その定量法の習得・実験結果から得られる食品に含ま
    アラカジ

    セイ
    ジョウハツ
    サラ
    コウリョウ
    ドライ
    ソ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。