イギリス文学史Ⅰ分冊2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数512
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    イギリス文学史 分冊2のレポートです。
    判定はAでした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     新聞小説は18世紀に入り、アン女王の時代に一流の文学者が新聞に筆をとることで、最盛期を迎える。新聞は1663年にサー・ロジャー・レトランジェが政府から新聞発行の権限を与えられて創刊した「インテリジェンサー」が始まりとされているが、これは宮廷御用新聞で一般的なものではなかった。1694年ウィリアム3世の時代に検閲制度が廃止され、正しい意味での新聞が生まれ、次第に一般へと広まっていったのである。
     英国最大の散文作家であるジョナサン・スウィフトも新聞「イグザミナー」を刊行した。新聞小説は初め、政治と結びついたPolitical Essayが主であった。スウィフトも政界,宗教界を風刺し、パンフレット論争者として有名になった。こしたPolitical Essayの他に、紙面の余白を埋めるためにLiteral Essayも執筆されるようになると、次第にその占める割合が増大し、新聞小説が、その後現れる小説を迎える準備をすることになっていた。
     1726年、スウィフトは「ガリバー旅行記」を発表した。その内容は実人生に即した真実性を持ち、一見愉快な旅行記のようだが、当時の堕落・腐敗した社会や人間を痛..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。