歩行③

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数263
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    運動エネルギー出版

    代表キーワード

    歩行

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ~股関節~
    <屈曲・伸展> 
    1回の歩行周期に屈曲運動と伸展運動を各1回行う。踵接地時点では約20°の屈曲位をとる。ここから徐々に伸展していき立脚中期に中間位となった後、立脚後期には伸展位となり、踵離地時に最も伸展し約20°である。この後、屈曲方向の運動になり、足趾離地時には約10°の伸展位、遊脚中期には約22°の最大屈曲位となり、下肢が前方に振り出され、次の踵接地となる。 
    最大屈曲位(遊脚中期):約22°  最大伸展位(踵離地時):約20°  全運動範囲:約42° 
                                                                           
       踵接地      立脚中期     踵離地     足趾離地      遊脚中期
     (屈曲約20°)   (中間位)   (伸展約20°) (伸展約10°)   (屈曲約20°)
       屈曲
    伸展
    <内・外転>
    踵接地時はほぼ中間位で、足底接地まで約4°の内転運動の後、外転運動に移る。立脚中期で中間位となった後も外転運動を続け、踵離地で最大外転位約6°となり、再び内転運動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。