脊髄

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数524
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報運動神経障害制御自由知覚骨格筋抵抗

    代表キーワード

    脊髄

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Spinal Cord
    1)脊髄の構造
    ・上位の運動中枢から送られてくる情報を筋に伝達する最終共通路である。
    ・31の髄節からなり、各髄節は共通の構造を持つ。
    ・脊髄の横断面(図1参照)を見ると中央部には“H”形をした灰白質が、その周りには白質が存在する。
    ・灰白質には前角※や後角*があり、脊髄から出入りする神経線維の入り口である。
    ・白質には上行性伝導路や下行性伝導路が存在(図2参照)し、それぞれの伝導を行っている。
    ※前角(=前柱)
    ・前角は主として運動性神経細胞群からなり、その運動神経には筋線維を支配するα運動ニューロン1)と、筋紡錘を支配するγ運動ニューロンがある。
    ・運動情報を下位に伝達する下行性伝導路(錐体路)の停止であり、またその情報を個々の筋へと伝達する運動ニューロンの起始でもある。
    *後角(=後柱)
    ・後根から入る一次求心性神経線維は後角に存在する神経細胞に停止する(Aδ線維とC線維)が、その他の後根から入る一次求心性神経線維は後角を迂回し、その他の細胞に側枝を出す(Aα線維とAβ線維)。
    ・感覚情報を上位に伝達する上行性伝導路の起始である。
    2)骨格筋と脊髄との連絡..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。