姿勢調節機構

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数44
閲覧数1,040
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    姿勢調節機構 ~加齢による変化~
    *
    目次
    健常者の姿勢調節機構
    高齢者の姿勢調節機構
    高齢者の理学療法
    *
    発表の順序といたしましては、①健常者の姿勢調節機構 ②高齢者の姿勢調節機構 ③高齢者の理学療法 の順に発表していきたいと思います。
    健常者の姿勢調節機構
    *
    まずは健常者の姿勢調節機構について述べていきたいと思います。
    平衡機能の定義
     「種々の運動や行動に伴う姿勢を維持・調節するために必要な神経系の機構。
     重力を含めた外力に対する反射的・反応的・予測的な要素を含み、先験的機能とともに学習によって獲得される機能である。」
    *
    姿勢は随意運動における‘影’のような存在であり、運動と姿勢は表裏一体の関係にあります。そして現在、姿勢調節は身体機能と共に重力や周囲の環境に対する適応現象の一つとして位置づけられています。
    一般的に姿勢調節を身体内部の機構・機能としてとらえれば、姿勢を保持するのに必要な立ち直り反射を含めた平衡機能が基本概念となります。その平衡機能の定義は「種々の運動や行動に伴う姿勢を維持・調節するために必要な神経系の機能。重力を含めた外力に対する反射的・反応的・予測的な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。