肩関節

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数51
閲覧数3,120
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    運動障害評価組織影響役割原因抵抗解剖

    代表キーワード

    肩関節

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肩関節
    *
    肩関節複合体
    ●解剖学的関節      ●機能的関節
     1)肩甲上腕関節      4)肩甲胸郭関節
     2)肩鎖関節         5)第2肩関節   
     3)胸鎖関節
    ●etc・・・
     肋鎖関節、肋椎関節、胸肋関節、烏口鎖骨間関節
    *
    上肢の機械的要素
          手指:効果器
            手首:微調整器
            肘:伸縮装置
            肩:方向舵
     肩は上肢全体の空間づけを行う上肢近位関節であり、可動域制限は手を用いたADLの低下を招く。
    *
    肩甲上腕関節
    頸体角:骨頭の軸と骨体のなす角(135°)
    後捻角:肘運動軸と骨頭軸のなす角          (20~30°)
    肩甲骨関節窩は前外・上方を向いている。肩甲骨関節面は上腕骨頭の1/3~1/4の大きさで、骨頭に比べるとはるかに小さく浅い。
    *
    *
    関節包
    可動性、安定性、運動誘導などの役割を持つ。
    関節包は骨頭の約2倍の大きさで、コラーゲン線維から成る。
    関節包の背側は薄く、腹側は厚くなっており、互いに約90°で交差するコラーゲン線維束で構成。
    *
    関節包(前方)
    *
    関節包(後方)
    *
    関節包の緊..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。